Amazon.com で高評価のソフトウェア関連書籍

‹ 一覧に戻る

Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software

出版年2003
訳書タイトルエリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 ソフトウェアの核心にある複雑さに立ち向かう
Amazon.com ページDomain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software
Amazon.jp ページDomain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software

ソフトウェア設計手法「 Domain-Driven Design ( DDD )」について解説した一冊。

「ドメインモデル」と「ユビキタス言語」を使って、要求を正しく満たすソフトウェアを作ろう、という設計のアプローチについて、コンセプトや戦略、具体的なツールに至るまで、とても丁寧に解説されています。 紙版は 563 ページとのことですが、それ以上に長く感じる一冊です。

日本語翻訳は「エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計」というタイトルで 2011 年に出版されています。